4194696_m.jpg

「シリコンが頭皮や髪に付着し続けるとトラブルの原因になる可能性がある」

​毎日、自宅で使っているシャンプー・トリートメント・アウトバス(洗い流さないタイプのトリートメント)に入っているシリコン(正式名:シリコーン)が残留していきます。だからと言って全てのシリコンが悪いと言うわけではございません!たしかに髪をシリコンでコーティングする事で指通りが良くなったり、毎日のお手入れがしやすくなったりと良いこともたくさんあるのも事実です。

​では、どうしたら良いのでしょうか・・・?

IMG_1687.JPG

「毎日、使用するシャンプー・シャンプーの洗い方を見直す」

​◆洗浄力の弱すぎるシャンプーだとシリコンをしっかり除去することはできません。

​洗浄力の強すぎる(市販でよく使われているラウレス硫酸Na)シャンプーでは刺激が強すぎるため、逆にシリコンは除去できたとしても頭皮や髪への刺激やダメージを引き起こす可能性があります。

​なので当サロンでは髪の病院推奨クレンジングシャンプーをおすすめさせて頂いております。弱酸性の低刺激シャンプー、頭皮や髪への付着している不純物(シリコーン・ポリマー他)をしっかり取り除くことができるシャンプーになります※詳しくは担当者がシャンプーの洗い方などのご説明をさせて頂きますのでご安心下さい。

dfb24ce2f744733da2d1866e1e558bec_s.jpg

「頭皮や髪を毎日、自然な環境・状態にもどしてあげることで良い方向へと。」

【​シャンプーの正しい洗い】

​❶36度~38度のお湯で髪全体をしっかりシャワーで濡らします。(5分ぐらい)

​❷シャンプーをやさしくつけて手でやさしく泡だてます

​❸頭皮全体を手の指の腹でやさしく洗い、髪の根元から中間、毛先へとやさしく揉み込みながら洗っていきます。

​❹泡立てた状態で5分~10分蒸しタオルを巻く、もしくはシャワーキャップをかぶります。(髪の病院推奨のSGクレンジングシャンプーの場合)

​❺時間をおいた後、しっかりシャンプーを流します。

​ダーディ  8Stepトリートメント

(基本ベースTr)​

4194735_m.jpg

「頭皮や髪にかかる負担を取り除くことが一番のトリートメント」

自分にあったシャンプーに変えることで頭皮や髪のトラブルを回避できます。

ヘアカラー・パーマ(縮毛矯正)をされている方はサロントリートメントの(残留アルカリ除去)が必要となります。

ヘアカラー等を施術した場合、必ずアルカリが頭皮や髪に残留します。そのまま除去しないで放置すると頭皮や髪を痛め続けている状態となっています。

​シリコン除去と同様、ヘアカラーやパーマ等をされている方はアルカリ除去も頭皮や髪を守るために必要となります。

ヘアカラーやパーマでのアルカリ除去、ダメージケアの方へ

まず初めにこちらのトリートメントから始めてください。

63082_M_edited_edited.jpg

基本のベースを作る事から

始めるトリートメント

髪が傷む原因はカラーやパーマの繰り返しでのダメージや年齢髪や生活習慣、毎日のヘアケアが出来ていないなど、様々な事が原因となって髪は傷んでいきます。

 

まずはダメージを繰り返し変形・硬化した髪を本来の健康な髪へと導く最初の基本型トリートメントが必要となります。

​〈本来の健康な髪質へ導くダーディ毛髪化学式ケミカルTr

カラーやパーマ等の繰り返しでパサつき・ゴワツキ・ざらつきで栄養を受け入れづらく硬くなっている髪を緩めて解きほぐし、水分を受け入れる状態にすることで栄養が受け入れられる状態になる事を目指すトリートメントになります。

「髪の外側から徹底除去」

髪や頭皮に残留している​

不純物を取る事で

トリトメントが入り

​やすい状態に・・・

「本来の髪へと導く美容液」

基本となる8種類の補修成分を

サロン独自の処方で

丁寧に​入れ込んでいきます

まずは基本ベースに戻すことから始めて行きます。​

「​基本ベースとは?」

健康な髪の毛1本の水分量は

11%~14%その状態に

近づけるためには水を吸いやすい髪へと

変えていくトリートメント施術が

必要となります。​

Natural Beauty

しっかり髪をケアしたい方へ

8step トリートメント+​ヘアレスピレター​​で

より浸透力を高める施術

「8step パワートリートメント」

"さらツヤ髪〟へと。。。​

ホットペッパー画像jpg.jpg